オニムは京都が発祥の地です。

オニムゲームの歴史はそんなに古くはありません。1945年(昭和20年)に終戦となり世の中が大変な時代に京都で生まれた一つの玩具です。終戦直後ですから世の中に娯楽などある由もなく、食べることが精いっぱいのできることでした。そんな中、当時のアメリカ進駐軍がビリヤードを娯楽の一つとして日本に持ち込んできました。それまでにも日本の一部の方々の間で知られていたかもしれませんが、一般の庶民の中でビリヤードのような娯楽用具を知る者はおりませんでした。

そんな折、京都駅周辺の住民たちが進駐軍のビリヤードを楽しんでいる姿を見て、自分たちもやってみたいと思うようになったのが始まりです。

当時、ビリヤードことを「撞球」と称していました。でもこれを購入するなんてことはとても不可能です。そこでこれと同じようなのを作ったのが「撞球盤」(どうきゅうばん)です。当時の技術でビリヤードの台や玉を作ることはできませんでしたので、台は木製で90?四方に囲み四隅にポケットを設け、球はスコップの柄を切って丸く平らなものとしました。

当時はたくさんの人達がこれを囲んで楽しんだと思われます。しかし、時が経つと「撞球盤」は「とうき盤」「たまつき」などと呼ばれていましたが他の娯楽施設が生まれて次第に下火になっていきました。

ところが、その後も町の一角では細々と息づいていたのです。ただし、ここで申し上げますが私が全てを知っているわけではありません。推測によるところも多分にありますことをご了解ください。

それが、1966年(昭和41年)になっていても一部で盛んに「とうき盤」「たまつき」として一般社会人が楽しんでいたことには大変驚かされました。私は終戦直後の生まれですから、そのころに流行っていたゲームが今まさに現役で遊ばれていたことです。

そこで、こんなにも面白く長続きしているゲームを全国の子ども達に教えてあげようと思い立ち活動を始めました。もう35年経ちますが今も元気に活動を続けています。

今は、全国の児童館や小学校で楽しんでいただいておりますし各地でオニム大会の開催もされております。

今後さらに活動の輪を広げて子ども達の元気に遊ぶことに頑張って応援したいと思います。現在は、児童健全育成推進財団を通して何台かを全国の児童館に「オニムゲーム」の寄贈も行っております。

オニム倶楽部 西村秋男

inserted by FC2 system